台風による配送遅延について▶▶

ボジョレー・ヌーボー】11月18日(木)解禁!2021年の出来は良好

 

毎年、秋になると話題になる「ボジョレーヌーボー」。

 

そもそも「ボジョレーヌーボー」という言葉は知っていても、どんなワインなのか、詳細に説明できる人は少ないはず。

 

この記事では、「ボジョレーヌーボー」とは何かを初心者にも分かりやく解説します。

 

2021年のボジョレーの出来はどうなのかもまとめます。

 

ボジョレーのことを知ってから購入すると、よりおいしく飲むことができるでしょう!

 

【2021年ボジョレー·ヌーヴォー】ワイン好きの人におすすめ5

 

 

 

ボジョレーヌーヴォーとは新酒ワイン

ピエール・ポネル/ボジョレー・ヌーヴォー [2021] 赤ワイン ライトボディ 750ml/フランス ブルゴーニュ地方 AOCボジョレー ボジョレー・ヌーヴォー 新酒 2021年11月18日解禁(11月17日一斉出荷) 航空便 Pierre Ponnelle Beaujolais Nouveau

 

 

「ボジョレーヌーヴォー」とは、フランス・ボジョレー地区で収穫された「ガメイ種」というぶどうから造られる新酒ワイン。

 

ボジョレー・ヌーボーはフランス語で【Beaujolais Nouveau】。

Beaujolaisは「地名」、Nouveauは「新しい」という意味。

 

ブルゴーニュ地方のボジョレー地区は、フランス南東部・リヨンの北に位置しています。

 

ボージョレ・ヌーヴォーは、この地方の秋の収穫祭で捧げられたのがはじまりといわれます。

 

そして、収穫したばかりのブドウを使ったフレッシュなワインが話題になり、ボジョレー地区以外でも飲まれるようになりました。

 

 

なぜ解禁日は「11月の第3木曜日」なの?

 

2021年のボージョレ・ヌーヴォー解禁日は、11月18日の木曜日!

 

1985年にフランス政府が、厳格なワイン法を定め、ボジョレー・ヌーボーの解禁は、毎年「11月の第3木曜日」に設定されました。

 

解禁日がなかった頃は、「どこよりも早くボジョレー ヌーヴォーとしてワインを売れば、話題になり、たくさん売れる!」といわれ、品質の悪いボジョレーヌーヴォーが出回りました。


そこで、ボジョレーの品質を保つため、フランス政府が解禁日を定め、世界で同時に発売されることになりました。

 

 解禁日が、木曜日に決められた理由は、フランスでは、土曜、日曜は定休日にするというお店が多くあったため。


新酒のワインである、ボジョレーヌーヴォーが解禁される日に販売できないというのは、意味がないということで、木曜日となりました。

 

 

世界で最も早く解禁日を迎えるのは日本?

予約 8ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーボー 2021ボジョレーヌーボー ボージョレヌーヴォー 新21 BNV21 wine_KLN20Sお中元 敬老 御中元 御中元ギフト 中元 中元ギフト

 

世界同日に販売が解禁されるボジョレーヌーヴォー。

 

ボジョレー・ヌーヴォーは、それぞれの国の現地時間で、2021年は、11月の第3木曜日、1118日夜中の12時に販売が開始します。

 

日本は日本時間、時差の関係でフランスより8時間先行して解禁!

 

「先進国で、世界で最も早く解禁するのは日本」と言う案内も出回りますが、実際は違うようです。

 

オーストラリア、ニュージランドのフランスとの時差が、10~13時間(サマータイムを導入しているか、地域の世界標準時間により変わる)。

 

日本より早く飲める国があるということですね!

 

どちらにしても、日本は世界中で早いタイミングで、ボジョレー・ヌーヴォーを飲める国ということは間違いありません。

 

 

【2021年ボジョレー·ヌーヴォー】ワイン好きの人におすすめ5

 

ボジョレーヌーヴォーのワインの味の特徴

★ボジョレー ヴァン ド プリムール グリーン ラベル[2021]フィリップ パカレ(赤ワイン) [N]

 

ボジョレーヌーヴォーは、渋みが少なく、さっぱりとした軽いフレッシュな味わいのワイン。

 

ワインが苦手な人でもさらっと飲めるワインです。

 

ボジョレーヌーヴォーと呼ばれるワインは、「赤ワイン」と「ロゼワイン」がメイン。

 

ボジョレーヌーヴォーの製造工程は、ほかのワインとは違っていて、収穫したばかりのブドウを短時間でワインに仕上げます。

 

新酒ならではのフレッシュさを味わうように製造されています。

 

長期保存することを目的としていないので、できるだけ早く飲みきるようにしましょう。

 

少し冷やした方がおいしく飲めるワインなので、飲む前に冷蔵庫で1時間くらい冷やして飲んでみてくださいね!

 

 

2021年ボジョレーヌーヴォーの出来は?

 

 

今年は、フランス全土に寒波、雨が多く、心配されたブドウの収穫。

 

生産量は少なめとなるようですが、夏は乾燥した気候にも恵まれ、順調にブドウは成長し、品質も優れているということです。

 

「酸味と糖分のバランスがちょうどよく、フルーティで口当たりのよい、ボジョレーらしいワインの生産ができる。」と、ボジョレーワイン委員会でコメントされています。

 

 

フレッシュなボジョレーヌーヴォーを味わって

 

この時期ならではの新酒でフレッシュな味わいのボジョレーヌーヴォー。

 

20211118日の解禁が待ち遠しいですね。

 

発売前の事前予約がスタートしているので、気になるボジョレーを見つけてみてくださいね。

 

ルーシャズのデキャンタの代用になるワイングッズを使い、ボジョレーヌーボーを飲み比べてみるのもおすすめです。

 

【ワインが美味しくなる】デキャンタ以外のワイングッズはエアレーター


ワインを美味しくする魔法?たった1秒でワインが美味しくなる

 

よりフレッシュな味わいになるかもしれません!

 

 ルーシャズ商品一覧